いつも覗いて下さる皆様、本当にありがとうございます。
こちらのshop blogを休止する事にしました。
また別の形で始めるかもしれませんが?当面a small shopの情報、活動は以下のサイトSNSをチェックしてみて下さい。
また、新しくネットショップも始めました。少しずつ掲載商品を増やして楽しいショップにしていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します!


・a small shop ホームページ

・ネットショップ a small online shop

Facebook ページ

instagram

d0253976_11225313.jpg











































[PR]
# by small-a | 2016-09-01 11:18 | shop
ジェイアール名古屋タカシマヤ「暮らしのSTORE展 2016」出店無事終了致しました。
ご来場の皆様、気に掛けて下さった皆様。ありがとうございました! お客様の波が途切れない中(1時間100人??もはやよくわからない…)全力でご案内させて頂き、沢山の笑顔を頂いた二日間でした。


d0253976_196419.jpg







d0253976_1993736.jpg





初対面なのに心を開いて色々お話して下さった方、ずっと笑顔でご覧下さった方、大爆笑してくれたカップル。「とっても楽しかったわ。人生楽しまなきゃね。」と、ニコニコ去って行った可愛らしいおばあちゃんのお言葉と笑顔。印象的でした。
サイトを見て突然来てくれた旧友とお母様、友達から聞いて来ましたというお客様、a[スモールエー]の顧客様。
2日目にはakiko tamaiさんのお母様と伯母様がご来場下さり、お母様のお人柄でコーナーにちょっとした人集り、大変盛り上がりました* ありがとうございました! 温かな繋がり、新しい繋がりに感謝感激です。


d0253976_19105868.jpg








d0253976_19111399.jpg






チーフの織茂さん始め髙島屋のスタッフの皆様とても優しく、通りがかる度「これ欲しいなぁ」「まだあるかな?」とチェックして下さったり、「ここ楽しいね。」と褒めて下さったり。最初は緊張気味だった作品達も次第に和んでおりました。


d0253976_19132179.jpg








d0253976_196312.jpg




1日目はMaon Designますみさんがお手伝いして下さいました。
名古屋拠点にグラフィックとwebデザイン、フランス語の先生もされてます。サイトも作品も素敵なので是非ご覧になってみて下さい。 →


d0253976_1913026.jpg





a[スモールエー]がコラボさせて頂いているbigaの皆様にもお世話になりました! ブースが隣で嬉しかった〜 
出店されていた名古屋のとある素敵なshopさんとも繋がりが出来て今後が楽しみです♪


a small shop 2Fでは6/30(木)よりakiko tamaiさん個展"neutral"開催です。1Fshopでは同時開催で暮らしのSTORE展の凱旋展をしたく思っています。
a[スモールエー]は7/5(火)より名古屋ladybugさんにて夏服展を開催します。
店もブランドも、今後ともどうぞよろしくお願い致します*

西荻にも遊びにいらして下さいね!












私信:おはぎちゃん、和食も自家製珈琲酒も美味しくてお店みたいだったよ♪ ありがとう*

d0253976_19505092.jpg











[PR]
# by small-a | 2016-06-24 20:36
d0253976_9365411.jpg



ジェイアール名古屋タカシマヤ「暮らしのSTORE展 2016」に出店致します。
イベント自体は既に幕を開けておりますが、a small shopは6/22(水) 23(木)2日間の出店となります。
10:00~ 20:00 (23日は 17:00閉場)



昨年、名古屋の展示でいつもお世話になっているナチュラルスウィーツladybugさんのコーナーにa[スモールエー] として参加させて頂いたのですが、なんと今年はa small shopとして日替わりショップコーナーに出店させて頂く事になりました*
a[スモールエー]としてはこれまで様々な場所で何十回と展示して来ましたが、店として催事に呼んで頂いたのは初めてです。ご連絡を頂いた時はとってもドキドキしましたが、出展作家・ブランドの皆さんとも連携しながらワクワク準備をして参りました。このワクワクを5倍くらいにして!お客様にお届け出来るよう楽しんで参りたいと思います*



出展作家・ブランド

アクセサリ・小物
akiko tamai
hosta
joia
Nami Hirao
NOTON
hinagiku {guest}

人形・立体
土屋さやか
ORIÉ ILLUSTRATION
牧野里美

バッグ・洋服
Lawny
A158
a[スモールエー]

※ a small shopFacebookでは出展作家・ブランドさんを一組ずつご紹介させて頂いております。ぜひご覧下さい。



a[スモールエー]とのコラボでいつもお世話になっているbigaさん(楽しみ!)をはじめ、会場内素敵なショップさんが目白押しです☆ 是非ぜひ遊びにいらして下さいね。
皆様にお会い出来る事を楽しみに、2日間会場にてお待ち致しております*

ladybugマチコさん、ジェイアール東海高島屋オリモさんに、感謝の気持ちを込めて。



昨年の様子*

d0253976_10474318.jpg























[PR]
# by small-a | 2016-06-18 10:12 | shop
FBページから引き継ぐ形で、Lawny新作バッグ紹介です。

小ぶりの手提げトート。土台のキャンバス地の唐茶色が薄っすら透けるように全面に施されたペイントは、まるで錆止塗料の上から鉄やトタンをペンキで塗ったような面白いテクスチャー。

d0253976_2202466.jpg



和服にも合いそうな侘び寂び感も漂います。
一番和っぽい、あるいはナチュラルに見えた抹茶ミルク色のバッグは、選んで下さったお客様の個性と相まってパンクな!表情を見せていて驚きました。え?それどういう事?って、感じかもですが、ダメージorケミカルウォッシュ・ジーンズのようなハードさといいますか。そのお客様によってLawnyさんのcoolな部分が引き出されており、すごい化学反応を目撃しちゃったなぁとワクワクしました。役得ですな。






定番トートにも新柄が加わりました。

d0253976_22302037.jpg



ベージュの方は見た目だけでなくヌメッとした手触りまでスウェードそのもの。素材はコットンです、とお伝えすると、100%驚かれるのが楽しい。撥水加工の裏地が付いたspecialバージョン、お値段もspecialです。






定番のLサイズポーチにも新柄登場です。

d0253976_22323692.jpg


バックinバッグとしても、これだけでクラッチとしてもお使い頂ける大きめサイズのポーチ。
ちょっとしたお出かけならこれで十分。カジュアルなパーティにもお薦めです。






フランスのアンティークガラスビーズを三角に繋いだピアスも追加して下さいました。トラス構造(三角形を基本単位としてその集合体で構成する構成形式)の応用。シンプルな構成だけにアイデアがどんどん広がるので、作り出すと面白くて止まらないのだそう。その感覚編み物にも通じるかも!

d0253976_22334267.jpg



左右アシンメトリ、複雑な形状の大きなタイプは、ガラスビーズが耳たぶを立体的に包み込むように装着されます。細かなパーツも見比べてお楽しみ下さいね。







ピアスと言えば、joiaさんからも素敵な新作が届いてますよ。

d0253976_2234612.jpg


片耳タイプ。ワイヤーを包んだ糸の配色やパーツ・金具等一つ一つに違いがある一点物ですが、アシンメトリで左右に付けても素敵です。ワイヤーをお好きな形に変えてお楽しみ下さい。









ワークショップについて

今週末5/14(土)15(日)開催 喜多尾 浩代さん「気づきのワークショップvol.11」はご予約満席です。ありがとうございます。 次回は11月を予定しております。どうぞよろしくお願い致します*


5/21(土)はコスモス・サボンさんの手作り石鹸ワークショップ開催予定です。只今お申し込み受付中 -5/14(土)まで。
詳細→

d0253976_16165551.jpg




コスモス・サボンの山口さんは初来店時ものすごく良い香りを纏っていらっしゃいました。こんな良い香りの人が街を歩いていたらみんな付いて行きたくなっちゃうよ。と、思いました。笑 日々の暮らしがその香りの中でごく自然に営まれている事が伝わりました。
そんな良い香りを楽しみながら、科学の実験のように楽しい石鹸作りをしてみませんか? ちなみに完成は当日ではありません。持ち帰って暫く熟成させるのだそうです。そんな風に完成を待つ時間も楽しいですね*
皆様のお申し込みお待ちしております!(info@cosmossavon.com もしくは info@small-a.comまで)


























[PR]
# by small-a | 2016-05-10 16:33 | shop
※GWも木〜日openの通常営業となりますが、5/3(火)は時間短縮で営業させて頂くかもしれません。FB等でご確認をお願い致します。


a small shopは今日で5歳!といっても、前身のa small shop at CABANON openから、です。


d0253976_1042290.jpg



2011年4月29日。まだ東日本大震災の発生から日が浅く、様々な不安を抱えながらのスタートでした。お客様の中には東北出身という方もいらして、涙ぐみながら故郷の街の話をして下さったり。でもその内にお気持ちがどんどん解れて行くのが伝わってきて、話を聞くことしかできないけれどお役に立てているんだな、と、嬉しく思った事を今でもよく覚えています。


d0253976_10315871.jpg




お客様のお話を伺う事は自分のベースとなっており、コツコツ積み重なって大きな喜び、力となっています。逆に自分の方が癒して頂いたり、発見や閃きを頂く事も多々あり、ただただ感謝しかありません。そして今日は、ここに至るまでの繋がりに感謝する大切な日でもあります。ありがとうございます。


d0253976_11225221.jpg




それまでは数える程しか来た事がなかった西荻窪。CABANONさんでのshop in shopをスタートして間もなく、他のどの街にもない西荻の面白さと美味しさ(笑 どこで何を食べても美味しい)に引き込まれていきました。そして、あの頃は自分の店を持つなんて全く、思ってもいませんでした。「人生とは、人生以外のことを夢中で考えているときにあるんだよ。」というジョン・レノンの言葉、人生の偶然あるいは必然をいつも思います。





こんなにちいちゃかった顧客様の愛娘aruちゃんもこの春から小学生♡ 5年って、すごいですね。

d0253976_10554899.jpg







折角こんなに面白い街に居ても、如何せん店の定休日は洋服を製作している為片時も息が抜けません。散策は用事ついでの動線内に限られ、特に北エリアにはなかなか足を伸ばせませんでした。

この春ようやく、初めてトトロの木を見たり(!)

d0253976_22465535.jpg



善福寺公園に行ってみたりしました。



カモ

d0253976_2247199.jpg







d0253976_22544835.jpg







カモ

d0253976_2255376.jpg






d0253976_22473810.jpg





この抜けた感じがなんとも気持ち良いですねぇ

d0253976_22475381.jpg



今までどれ程のお客様に えー?行った事ないの?と言われ続けて来た事か。。これからは季節の変化を楽しみに通いたいと思います。(私信:佳枝さんまりえちゃん、今年の目標達成したよ。笑)



先週まで展示をして下さったポーランドのZosiaからこの街との繋がりを改めて感じさせて頂いた事もありがたく、素敵な出来事でした。街の変化も色々あってまだまだ把握しきれていませんが、これからも新鮮な気持ちで、そしてマイペースにこの街を楽しみたいと思います* 
地元を大切にすると共に、外に目を向けるのも当店ならではのバランスかな、と思っております。これからも色々新しい事に挑戦して参りますので、どうぞ楽しみにしていて下さい♪


今後ともこの小さな街の小さな店をどうぞ宜しくお願い致します*





Zosiaの展示中4月16日に開催したIcelandic partyにて、a small shop at CABANONの頃知合ったお客様が現行ショップopen時に下さったとっておきのスパークリングワインを開けました! 美しいロゼのシャンパンでした。ありがとうございました*

画像:Zosiaのアルバムより

d0253976_11382740.jpg

































[PR]
# by small-a | 2016-04-29 12:11 | shop
Zofia Bobrowska photo exhibition'REYKJAVIK'も残すところあと3日となりました。Zosiaの日本滞在もいよいよ今週末まで。皆様是非遊びにいらして下さい!



16日に開かれたIcelandic Partyのレポート。(展示風景は公開しておりませんのでこれからいらっしゃる方も安心してご覧下さい。)
パーティのお食事はていねいに、のCayocoさん。セッティング開始。

d0253976_9184944.jpg








本展覧会のDM,そして写真集のカバーを飾る[凍った水溜り]をイメージした"ココナッツあんの寒天寄せ"。美しい。。


d0253976_9231282.jpg









一口サイズの"手まり寿司"。フンワリとろろ昆布もかわいい。


d0253976_9212650.jpg






"里芋の揚げ団子"。写真展の色調、モノクロームも意識されています。

d0253976_9335852.jpg







Terakadoさんの4種のベリーとチェリーのケーキ。まるで雪山のよう。周りに散りばめられているのはZosiaのお土産Lycorisのグミ。
右側に見えているのは"オイルサーディンと黒オリーブのディップ"こちらもZosiaのお土産ライ麦パンに載せて。

d0253976_9353318.jpg





18:00過ぎ頃だったでしょうか?一時期満員電車並みに混んでしまい、、


d0253976_9434446.jpg





階段まで靴が溢れておる。のです。

d0253976_12263278.jpg



何も食べられなかった、という方もきっといらっしゃいますよね。。皆様駆けつけて下さり本当にありがとうございました! 嬉しかったです。

全ての始まりは、2014年11月3日。2Fで開催したCayocoさんとのイベント「秋の 衣食色音 の宴」。3度目の来日中だったZosiaをCayocoさんがご招待したのが当ギャラリーとZosiaの初めての出会いでした。その時Zosiaが撮ってくれた素敵な写真 →
宴の時のCayocoさんのお食事にも本当にワクワクしましたが、今回のパーティのお食事も展覧会場、写真と調和した美しさ、そして美味しさは言うまでもなく。。とても贅沢な時間を演出して頂きました。ありがとうございました!
そして、あの秋の宴がこの度のZosiaの1st exhibitionに繋がった事、夢のようです。でも、夢じゃないんですよね。とても幸せに思います*
Thank you Cayoco, and Zosia! I'm SO happy.





実はその後Zosiaも店主もインフルエンザでダウン、、この貴重な展示会期中、度々臨時休業や営業時間短縮などご迷惑をお掛けしてしまった事とても心苦しく。申し訳ございません。
最初は風邪と思い込み、無事に展示が始まって2人とも気が抜けたのかも、なんて笑っていたのですが、次第に笑えなくなり。。(どっちがどっちに感染したの?って突っ込まれ…)しかもつい先月、インフルエンザにかかった事がない!と豪語した直後でして。お恥ずかしい限り//// あまり病気しないので、こんな高熱を出したのもいつ振りか覚えていない。隅々まで浄化されました。
何故か今インフル流行ってるみたいです。皆様どうかお気を付け下さいね!

















[PR]
# by small-a | 2016-04-20 12:06 | 2F
d0253976_16491429.jpg



Zofia Bobrowska photo exhibition 'REYKJAVIK'
2016. 04.12tue - 22fri ※closed 18mon

Icelandic party 04.16sat 17:00-19:30
charge: free   catering by Cayoco (teineini.)

at a small shop
3-1-13 Syoan Suginami-ku Tokyo 167-0054
81+(0)3 3331 0603



Zofia Bobrowska
Photographer living in Gdańsk, Poland. Her creative style is intuitive and based on a feeling. Besides photography, travel is her biggest passion and in the past years she has been to many countries, including Japan, France, Israel and Iceland. This exhibition features photographs taken in January 2016 during her recent trip to Reykjavík. Along with the exhibition her 1st collection of photographs 'REYKJAVIK' has been published by DOOKS.
http://zofiabobrowska.pl/


ゾフィア・ボブロウスカ
ポーランド・グダニスク在住。フリーランスのウェディング・フォトグラファーとして活動する傍ら近年日本を始めフランス、イスラエル、アイスランドに渡り彼女自身の表現としての写真も追求。その時々の感覚.印象に基づき直感を大切にするのが彼女の創作スタイル。
本展では今年1月にレイキャビクで撮り下した最新作を発表。初の写真集『REYKJAVIK』(DOOKS刊)も同時発売。






Zofia Bobrowskaによる写真展「REYKJAVIK」をa small shop2Fギャラリーにて開催致します。過去の来日により既に西荻窪の街とも繋がりが深くZosiaゾーシャとしてお馴染みのフォトグラファー。ポーランド・グダニスク在住。
彼女の目線はいつも独創的でその視点は美しく、ウェディング・フォトグラファーとしての仕事 -カップルと二人を祝福する人々、その周りの何気ない景色。そして旅先で切り取られる風景写真にもいつもギュッと心を鷲掴みにされてしまいます。
2年前の来日時には当店とポーランドに大きな繋がりを齎し、以降a small shopではA158Prulla 2つのポーリッシュブランドのお取扱いが始まりました。
また写真展開催に合わせ、当店でもお取扱いさせて頂いております出版レーベルDOOKSより初の写真集『REYKJAVIK』も刊行、当展覧会にて発売致します。
4月16日(土) 17:00よりIcelandic partyも開催!(入場無料) ていねいに、Cayocoさんによる写真展をイメージしたparty food、Icelandic musicと共に寛ぎのひと時をお過ごし下さい* どなた様もどうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ!

※会期中は変則的な営業となります。どうぞ宜しくお願い致します。





彼女のphoto blogをご覧になればきっとあなたの心も鷲掴みにされますよ* Pani Samo Zo


d0253976_17453094.jpg

















[PR]
# by small-a | 2016-03-29 18:21 | 2F
d0253976_14492220.jpg













[PR]
# by small-a | 2016-03-11 14:51
塩川いづみさんの作品集「(between) You & Me」ELVIS PRESS刊 にまつわる偶然についてはすでにshopFBページでもご紹介済みですが、

norikoさんのお友達naocoさん。の、偶然。

d0253976_1755840.jpg



なんと塩川さんに描いて頂いたというご本人登場!
スタジオマノマノ にちよう市主宰のyumikoさん。


d0253976_9245123.jpg



西荻在住のお友達の西荻案内に誘われ、偶然のご来店。
なんだかもう、驚かない!と言いたい所ですが、やっぱり驚いてしまいます。



ELVIS PRESS及びON READING主宰 黒田ご夫妻の奥様Kyokoさんと、Nami Hiraoさんの展示にいらして下さったguse arsさんも描かれていると、この時知り、、 気付けよ、私。。


d0253976_10563237.jpg



そんなこんなで、最近アツい一冊です。よろしくどうぞ。









a[スモールエー]展示のお知らせ


d0253976_1845452.jpg



a[スモールエー] Exhibition vol.4
3/10(木)-20(日祝)  at Lano海岸ビルヂング店
12:00-18:00 open  ※15(火)16(水)休

神戸元町Lano海岸ビルヂング店さんにて、4回目となる展示会を開催致します。
実は3月20日をもってLanoさんはこちらの店舗を閉店されることになり、最後のイベントとしてお声掛け頂きました。しかし前向きな閉店という事で、今後の展開を楽しみに*
会期中Lanoさんのワークショップも開催されます! 詳細→ 皆様是非ともお運び下さいませ。


今回の展示、DM送付配布は全てLanoさんにお任せ致しました。DMがなくても、どなた様もご来場頂けますのでどうぞお気兼ねなくです!宜しくお願い致します*



シングルガーゼ・プルオーバー、生成と黒に加えてロイヤルブルーも作ってみました。こちらの袖はソフトデニム。


d0253976_1092952.jpg






前回のlogに書いた、ファッションを学んだ当初から感じていた違和感、とは。大量生産大量消費、そして大量廃棄への違和感でもあり、ファッション界に漂う出尽くした感、倦怠感 -にも拘らず無理やり流行を作ろうと煽るメディアや業界の人々への違和感、でもあったように思う。
戦後、ファッションと音楽はイコールで結べるほどイメージを一つにして新しい流れを創り続けた。ロカビリー、パンク、ソウル、エレクトロ、ヒップホップ、、少し挙げただけでも音とファッションの両方がイメージ出来る。その時代と新しい音楽、そしてファッションは常にリンクしていた。だが、音楽もファッションも共にサンプリングに走った辺りから(いかにもネタ切れ、、)決定的な新ジャンルは誕生していない。と、思う。21世紀に入り、かつてのいわゆる60's 70'sのようにくっきりイメージを描けるような、いわゆる00'sファッションってあったかな?と思い、自分が鈍感過ぎて気付かなかったのだろうか?と色々調べてみたが、やはりそんなモノはなかった。小さな流行、リバイバル、ネタ的なモノはあっても、20世紀のように社会・世界を巻き込む大きな流れはもうない。SNS全盛の今、誰もが双方向で情報をやり取り出来る。かつてのように、一方通行の新しい情報に対する憧れも枯渇もなければ、需要も期待も縮小するばかり。メジャー・マイナーに拘らず個人発信/受信の可能性がどんどん広がっている。
当時は言葉にできなかったけれど、きっと、なんとなくそれを感じていたからこそ、それまでのやり方(業界)から離れたかったんだ。若気の至りとはいえ、自分なりのやり方を始めてそれをやめなかった自分エライ!と、思ったりする笑
きっと、発明等で新しいマテリアル・テクノロジーが生まれない限り、新しい大きな流行は生まれないだろう。(例えば宇宙服的なモノが世界のスタンダードになるくらい流行る、みたいな事が起きない限り。)でも、それでも、1ミリでもいいから、新しいモノ、今までにないモノを創りたい、見てみたい。流行など不要、ピンポイントで繋がればそれで良い。逆にそれが可能な時代なのだから。
今まで繋がって下さった皆様、ありがとうございます!これからもどうぞよろしくお願い致します*







[PR]
# by small-a | 2016-03-10 11:13 | shop
ayaneKAKU 1st exhibition "uncomfortable" 無事終了致しました。


d0253976_13351177.jpg




今回の個展のきっかけを下さったのは、シェ ドゥーヴルオーナー小谷さん。偶々生地がこの幅だった、とか、布に極力鋏を入れない等、材料との偶然性を利用した物作りと考え方の癖を面白がって下さり、洋服ブランドa[スモールエー]から離れて個人としての服作りをしてみては?と、ご提案下さったのです。実は二年越しの計画です。




sailcloth coat
立体裁断で作った帆布コート。一枚の布を身体に巻きつけるように身頃はダーツのみで成形され肩以外接ぎ目がない。自分の作り方の癖を見つめるシリーズ。

d0253976_13365538.jpg






1着1着コンセプトに落とし込み表現が濃厚、その分上代も上がり型数も絞って全14作品(+非売参考作品3)でしたが、嬉しい事に9作品が旅立ちました!いつもそうですが、今回もピンポイントすぎる運命的な出会いに痺れ、小谷さん曰く試着ではなく"体験"大会が始まると居合わせた皆さんのテンションが一気に上がっていく様、競うように次々ご試着下さった事作り手としてとても幸せでした。


d0253976_13391290.jpg


uncomfortable Ⅰ
warped shirts -remake
2016 (2009)

ブロード. 貝釦



普通に仕立てたシャツの右身頃を編み縮めアシンメトリに。
一見着心地悪そうだけど案外悪くないのです。


d0253976_13402179.jpg






d0253976_16271848.jpg






uncomfortable Ⅱ
unsettled dress
2016

古布

d0253976_148765.jpg





d0253976_1533977.jpg






d0253976_148438.jpg






白い服はそもそも汚してしまいそうで落ち着かない。=uncomfortable





d0253976_14265527.jpg







d0253976_1428786.jpg







d0253976_14283343.jpg







d0253976_14285486.jpg







d0253976_1613856.jpg




だけど、きっと、白い服を作り続けてしまう。取り憑かれたようにいつも、グルグル白が巡っている。




こちらは身体をグルグル編み包むように成形したプルオーバー。


d0253976_14291243.jpg






じっと考え込みながら作品に見入り、静かに「もっと勉強したくなりました。」と言い置いてお帰りになったtextileデザイナーさん。ある顧客さまは右手を挙げてピョンピョン飛び跳ねるように「想像をこーーーんなに超えてたよ!」って*
他にも
・コートを着た途端フッと軽くなって体重が半分になったような感覚!
・そこに人がいた痕跡 の、よう。
・この服にデザインという言葉を使いたくない。
・着る人の自由・余地が残された服。着る側の感覚が問われそう。
・洋服と身体の間の空間が特徴的。
・とにかく何か作りたくなった!
などなど、忘れたくないお言葉を沢山頂きました。(映画のトレーラー風 笑)
これを見るとa[スモールエー]がどうしてああいう服なのか納得できる、というお声も嬉しかったです。


Lanoさんでご購入下さったa[スモールエー]のワンピースご着用でご来場下さったお客様。東京から駆け付けて下さったAmitoさん。奈良、名古屋からご来場下さったmarieちゃん、ohagiちゃん。DJしたくなったからとその日の夜機材持参でもう一度遊びに来てくれたMumuくんikuさん(最高に贅沢なひと時でした!ありがとう*)。ayaneKAKUとしての初仕事を下さった喜多尾 浩代さん。sawayakaちゃん、長尾圭さん佳代さん、尾柳佳枝さん、makomoさん、フジモトアキコさん、寺田就子さん、Ham and cheese酒井さん、aiちゃん、東さん、noiさん、奥山さん、山下さん、ルナちゃん、前田さん、平尾さん、谷山さん、そして小谷さん。本当にありがとうございました!

ファッションを学んだ当初から感じていた違和感。いわゆるファッション業界から逸脱して独自の活動を続けてきた事は間違ってなかった。です。自分の立ち位置と、これからの物作りの方向性を再確認出来た事。冒険の始まりに相応しい展示になったと思います。


次は3月にa[スモールエー]の展示があります。場所詳細追って。
blog頻度は下がりますが時々書きます*





d0253976_1751391.jpg

[PR]
# by small-a | 2016-02-15 16:32
←menuへ